アジョック共栄会について

アジョック共栄会は、ビジョンケアの精神のもと、メガネによる快適な視力の提供を目的に、メガネ専門店の全国グループAJOC(All Japan OptometricCo-operative)をはじめ、眼鏡製造、卸、小売、企画および関連資材の各企業で構成されており、この目的達成のために会員が協力して事業を進めています。主な事業は、ビジョンケア推進の啓蒙活動、眼鏡認定士教育の援助、オプトメトリー分野での研究支援、AJOC教育の核であるキクチ眼鏡専門学校への幅広いサポート、ビジョンケアを通して会員相互の親睦を図る などです。

AJOCとは、All Japan Optometric Co-operative「オールジャパンメガネチェーン」の4つの頭文字をとったもので、見る素晴しさを伝える「ビジョンケア」の理念を掲げて集まったメガネ専門店のグループです。業界初のボランタリーチェーンとして、1958年(昭和33年)に結成され、平成25年4月1日現在の加盟店数は550店を数えます。グループの活動を通して、眼と視力に関するより高い技術とサービスの向上に努めるとともに、時代の変化に対応して、さらに優れた企業へと発展していくためのさまざまな共同事業を行っています。